私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

これが思いがけない夢の叶い方なの?~注射からの離脱~

今日は、「梅雨」とはいえない強めの雨が降った一日でした。
今月の21日は、上半期の節目でもある「夏至」があります。
「夏至」だけでもパワフルなのに、その日は新月と日食も重なると言われています。
その影響からか、ここ最近、生活や体調に何かしらの変化があった人も多いのではないでしょうか…?
実は私もその一人で、『寝耳に水』というような、私にとっては大きな出来事があったのです。
それは先日の水曜日のことでした。

 

f:id:cinnamoncake:20200613182924p:plain


(度々同じことを書いていますが(笑)、初めてブログを訪問してくださった方のために^^)
私は毎週のように注射を受けていて、「地元の医師」が他の患者さんの往診を兼ねて私の注射に立ち寄ってくださいます。
医院は地元と言っても距離があるので、不自由な私にとっては、来てくださることがとてもありがたいのです。
退院してからなので、もう6年ぐらいになりますかね、その日が祭日であろうと、お正月であろうとも。
ところが、そのずっと続けてきた注射が、意外な形で終りになるかも?というような事態が起きてきたのです。

 

先日、いつもの注射を受けたあと、地元の医師からこの注射薬(ロミプレート)が入手できなくなってきているという話を突然に聞かされました。
「もしや、コロナの影響?」と思ったんですが、そうではなかったのです。
この注射薬は、私の血液の病気(特発性血小板減少性紫斑病)の治療に国内で開発されたんですが、1年くらい前から「再生不良性貧血」という病気にも使われだしたらしいのです。
このことによって、製薬メーカーの製造が追いつかないらしく、地元医院では注射薬の入手が困難になってきたというお話でした。
ですが、私が2ヶ月に一回通っている「病院」(京大病院)は、まだ今のところは影響がないとのことでした。

 

私の主治医は「病院」の方の医師なので、今後の治療をどうするのか、その辺りのことで早速相談に行くことになりました。
もう一つの選択肢は「内服薬」なのですが、この飲み薬、10年ほど前に試した時には一時的に効果があったのですが、その後は数値が下降してしまって服用中止になったという経緯があります。
なので正直、「 今回は大丈夫だろうか‥」という一抹の不安があるのです。
この不安は私だけでなく、地元の医師、病院の医師も気がかりな点みたいですね。
「注射で調子が良かったのに、飲み薬に変えると数値が下がってしまうかも‥」と。
ですが、ないものはないし(注射薬)、その不安を乗り越えなければ、新しい境地には辿り着けませんからね‥^^;


どうなるかわからない‥ちょっと不安もありますが、ここは天を信じて全てを委ねようと思います。
そして自分は、「なんとかなるさ、きっと大丈夫」という根拠のない自信で乗り切ろうと思っています。
5月末に病院に行ったばかりなのに、また来週、京都市内に行くことになるとは‥^^;
今が治療薬の過渡期なので、何度か市内に行くことになるかもしれませんね。

 

f:id:cinnamoncake:20200613184028p:plain

 

このブログにも度々書いてきましたが、私は長い間、「注射からの完全離脱」を望んできました。
その望みがいよいよ叶う形になってきたのです。
「始まりがあればいつか終わりがある 」それが世の常ですものね。
今まさに手放すタイミングが来ているんだなと思います。
「宇宙は思いがけない方法で夢を叶えてくれる」と聞いたことがありますが、私の場合は、「製薬メーカーの製造が追いつかない」という形で叶いそうになってきました。

私の予想では、自然に薬量が減っていって、注射を打たなくてもよくなると思っていたんだけどな…^^; 予想外に驚いています。やっぱりすごいな宇宙は‼ 

 

前回の定期検診のブログの最後の方には、私の望みである「心身ともに健康な島」を目指して航海をしたいと書きました。

www.cinnamon444.com

 やっと今、遠くにその島が見えてきた思いです。
だからと言って、喜び勇んで慌てず、騒がず、 とにかく着実に島を目指して進んでいきたいと思っています。(^^♪

 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村