私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

動物と再び生活することに…とはいえ我慢はもう卒業

義父から預かっていたセキセイインコのことなんですが、義父の住宅事情や年齢のこともあり、私たち夫婦が飼うことになりました。

亡くなった愛犬も、元はといえば私の両親が(兄の)孫のために飼っていたペットだったので、私たち夫婦はそんなペットを保護する運命?なのかなと思ったりします。

動物の一生を世話することは、私たちの役目であり喜びかもしれません。笑 

 

セキセイインコのお里帰り

先日、主人が義父のところにインコを連れて行きました。

インコがどうしているのか気になるらしく、顔が見たいと義父が言うので。

いわば、セキセイインコのお里帰りです。笑

インコの方は、義父と再会しても最初はよそよそしく分からなかったようですが、そのうち思い出した?のか義父と楽しげに遊んでいたようです。

わずか数時間のことでしたが、お互い楽しい時間が持てて、よかったなと思いました。

f:id:cinnamoncake:20181102183412j:plain

こんな情景に触れ、ふと思ったことがあります。

それは、北朝鮮に拉致された人たちのこと。

政治のことをよく知らない私が口を挟むことではないのですが、せめてお互いの国を自由に行き来できたなら、こんなに何十年も苦しむ必要がないのに…と思います。 

この問題は根深いと思いますので、平和的に解決されることを見守るしかないですね… 


犬と鳥の違いは識別力⁈

犬とインコと生活して違いがはっきり分かったことがあります。

犬の場合は、他者と自分をはっきり区別できたということです。

よく、「チビ(愛犬の名前)はどこへ行った?」と探しているふりをしたら、「ウー」と唸って自分の存在をアピールしていました。笑

主人や私の名前もわかっていて、簡単な話し言葉もなんとなく理解しているようでした。

犬は、人間で言うと2~3歳児くらいの知能があるらしいですね。

 

インコはと言うと、そういう区別はできないように思います。

しかも、自分以外のことは、おかまいなしの自由奔放。犬よりずっと本能的ですね。

「オウム返し」と言われるように、言葉の意味を知らず、ただ覚えた言葉をそのまま口にしているだけなのに、無邪気で可愛いいんですよね。得だな~笑

面白いのは、人の声色まで真似るところですね。

時々、義父の「ワッハハハ」という笑い声を再現する時があって、こちらまでつられて笑ってしまいます。それがグッドタイミングなら、なお爆笑!

インコが義父の笑い声を真似るということは、それだけ義父に楽しいことがあったのかな…と推察します。 

笑うことは、健康面でもNK細胞が活性化し、体の免疫力がアップすることはよく知られていますよね。 

それに、『笑う門には福来る』とも言いますし、全てにおいていいことずくめですね。^^

f:id:cinnamoncake:20181109170439j:plain

動物と生活して困ること…もう縛られない!

動物と生活すると一番困るのが、泊まりがけの旅行が気軽にできないことかな…

愛犬と生活していた時も、(人間だけの)二人旅行をしたことがなかったですしね。

好きなオヤツを置いといて私達だけが外出しても、愛犬は食べなかったですから…

私たちの帰宅を確認してから、やっとオヤツを食べる姿を何度も見かけました。

だから、愛犬を置いての旅行は心配で出来なかったのです。

(誰にもなつかなかったし、19才と長命だったから。^^;)

ですがこの4月、20年ぶりぐらいに何も気にせず船旅できたのは、ホントに楽しかったな~♪

動物は好きだけど、そのために自分を縛るような我慢はもう卒業です。

これからは自分の人生も楽しみたいから…

もし旅行するなら、インコの世話は義父にみてもらおうかな…

うん、そうしよう! みんなハッピーだと思うから…(^^♪