私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです!

「朝食抜き」は私にとって「ケガの功名」?!~定期検診より~

4月も終わりに近づきました。
今日は、「昭和の日」で祝日です。
雨の天気でゴールデンウィークが始まりましたが、気分的にリラックスムードが漂ってますね。^^


水曜日は、2ヶ月ぶりに定期検診で、京都市内の病院へ行って来ました。
いつもは近場でドライブですが、定期検診は、2時間近くのロングドライブです。
車からの車窓が楽しみでね〜
前回は3月初めでしたから、まだ茶色く冬枯れした景色が多かったです。
あれから約2ヶ月。
すっかり黄緑色の景色に変わっていて、みずみずしい季節がやって来たなと感じました。
特に「山」ですね。
濃い緑に、ところどころ新緑が混じっていたり、パッチワーク柄みたいなところもあったり。
それから、川沿いには黄色い菜の花、山沿いにはラベンダー色の花を咲かせた藤の木もありました。
道路沿いには、色とりどりのサツキの花がたくさん咲いていましたね。
春は、ドライブが楽しい季節です〜^^

 

 

今回の血液検査は、血小板数が11万でした。
そして、同時に生化学検査のデータも出てくるのですが、医師からはいつも「問題なしです」と言われています。(今回も)
そのデータには、過去一年間の推移も表記されています。
それを見る限りでは、素人の私でも、問題ないなと分かります。
ただ、血小板だけは、乱高下がありまして…
まぁ、こうだから、ずっと通院が続いてるわけだし、これさえ落ち着けば、晴れて病院から「卒業!」となるんですが。^^;

 

朝食抜きは私にとって「ケガの功名」?!

何度かブログに書いていますが、私は一日二食を8年ぐらい続けています。
それは、健常な時に読んだこの本がきっかけでした。(15年ぐらい前)

 

 

健常な時は、「朝食を抜くなんて、ムリムリ!」って思ってやりもしませんでしたが、障害者になってから、「今ならできる、やってみよう」と思って、今に至っています。
「ケガの功名」と言いますか、私にしてみれば、朝食を抜くだけで元気になれるなんて、楽チンなんですよね。
退院当時(8年前)の私は、今よりもっと動きが悪かったですし、できるだけ楽に生活したかったのです。
なので、朝食抜きは、作る手間もいらないし、それで元気になれるなら、「願ったり叶ったり」だったのです。


とはいえ、「食事抜き」は、言うのは簡単ですが、実行するのは厳しいです、意志が絡んでくるから。
私も健常な時は、全くできなかったというか、する気もなかったのですが、障害者になって、やっとスイッチが入ったという感じでした。
それに、「背水の陣」というか、もう後がないという思いもあったんだと思います。


「朝食抜き」を8年続けた結果、お陰様で入院することもなく、元気に生活できています。
上の本に巡り合ったのは、私が健常な時ですから、今から15年以上前のことになります。
本を監修された甲田医師ご自身も、さまざまな病を経験し、断食療法で克服されたようです。(昭和20年頃?)
ですので、断食や少食を提唱する「草分け的な存在」と言えるのではないでしょうか?

 

また、最近では、「少食や断食が体に良い」と推奨する医師や、様々な人の動画も増えてきました。
私が初めて聞いたときは、三食しっかり食べる考えとは真逆なので、正直、少し戸惑いました。
時代が甲田医師の提唱に追いついてきたというか、それが体に良いという理論が科学的に立証され、多くの人に理解できるようになってきたと感じています。

私が知った理論は、こうでした。
体には、「オートファジー」という機能があるらしく、それは、「自分の細胞を食べる」という意味らしいです。
つまり、それは、傷んだ細胞を修復する機能みたいで、それが活発に働いてくれるのは、「何も食べない時間」だといわれています。
だから、意図的に「空腹時間」を作ってあげるといいみたいですね。

食べ物を消化するには、かなりエネルギーがいるらしく、食べない時間「空腹時間」を持つことで、そのエネルギーを修復箇所に充てられるのだそうです。
それによって、体は元気になるし、ダイエットにもなるし、若返ったりするとも言われています。

簡単に書きましたが、これが「断食や少食が体に良い」と言われる所以です。

 

朝食抜きは万人に有効か?

…と、良いことづくめなことを書いていますが、「万人に有効か?」といえば、難しいかもしれませんね、体質的な問題もありますのでね…

というのは、何も食べないと、私は、単に「お腹すいたな〜」ぐらいなんですが、ウチの夫はフラフラしたり、イライラするそうなのです。
血糖値が乱れるみたいですね、糖尿病ではないですが。
なので、夫は、軽く朝食を摂っているようです。
それでも、私が健常なときの夫は、体重が80キロ以上ありましたが、今は65キロぐらいになっています。
私から見れば、夫は、タバコとかスナック菓子やら摂ってますし、とても健康的とは言い難いですが、身体に余分な脂肪がないという点では、いいかなと思っています。
それに、私も、たまに体に悪い食事とかしてますから、人のことは言えませんけどね〜^^;


水曜日は、朝食こそ抜きましたが、昼食は院内のコンビニで買いましたし、夕食は、久しぶりに回転寿司に行きました。
体には良くないなと思いつつも、色んな種類の回転寿司を美味しくいただきました。
食べるときは、どんなものでも感謝して頂く…その気持ちは、忘れないでいたいなと思いましたね。^^

 

そして、その翌日(昨日)の尿は…
久しぶりにキツイ臭いがしました。^^;
かなり体に負担をかけてるんだなと反省。
また体をいたわる食事を心がけたいと思っています。


次の定期検診は、6月です。
初夏の京都市内。
蒸し暑いかな〜(^^♪

 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村