私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

『50音マラソン』『わ』~笑う門には福来る~

『50音マラソン』は前回で『ら行』を終え、今回で最終行『わ行』になりました。

 『わ行』は、≪わ・を・ん≫の三つのかな文字からなっていて、今回は『わ』です。

思いついた言葉は、『笑い』でした。

今回は、その言葉にフォーカスして書いてみたいと思います。

 

f:id:cinnamoncake:20200225182037p:plain

酒の種類は『笑い酒』が最高

『酒は百薬の長』という諺から、適量のお酒は体に良いということは、よく知られていますよね。

私はアルコールが飲める方なので、この諺はありがたいですね。^^;

亡父の家系はアルコールが強かったので、その遺伝でしょうか…?

とはいっても、「あってもなくてもOK」なタイプなんで、 根っからのアルコール好きではないかもしれません… 

昔、『全国酒飲み音頭』という歌が流行ったことがあり、1月から12月の行事で、お酒が飲める機会があることを歌った愉快な曲でした。

歌詞によると、3月は「ひな祭り」、4月は「花見」だそうです。笑

よく考えると、お酒を飲む機会は、公の行事以外でもたくさんありますよね、 会社の飲み会とか。

なぜそんなに人はお酒を飲みたくなるんでしょうか…?

私の経験では、お酒を飲むと、「気が大きくなる」というのは本当です。笑

何でもできるような気になるし、 緊張が緩むというのもあるんですよね。

(私はあまり経験ないけど)泣いたり、怒ったりの感情は、ちょっと厄介かもしれませんが、お酒の力を借りて、普段押し殺していたものが吐き出せるかもしれないですね。 

そんな中でも、『笑い酒 』というものは、自分だけでなく周りまでハッピーにしてくれるからいいですよね。

こういうお酒なら歓迎です!^^ 

 

『笑い』は万人の天然薬

お酒と同じように、 『笑いは百薬の長』とも言えるのではないかなと思います。

ただ、お酒と違って「笑い」は『量』が決まっていませんからね。

それに、体質も関係ないから、人を選ばない 『万能薬』とも言えます。 

『笑い』によって、 体内のNK細胞が活性化して免疫力がアップするということは、よく知られていることですよね。 

『笑い』で膠原病を克服したというノーマン・カズンズ氏の話は有名です。

笑える番組を見て、ただゲラゲラ笑うだけで病気が克服できるんですから、笑いは万人の『天然の薬』と言えますね。

  

そういえば、「お腹を抱えて笑う」とか、「涙が出るほど笑う」って、もうずいぶん経験していないな… 
『笑い』で、自分の波動がアップすることは確かですね。

それに、その波動が周りの人にも伝染するから、『笑い』は‘’いいことずくし‘’なのです。

 

『セキセイインコ』は音の周波数に反応する⁉

ウチの場合は、やっぱり「セキセイインコ」の存在ですね。笑

この子は義父から譲り受けたペットで、『わっはっはっは~』という義父の笑い声を再現する時があるんです。

ですが、 私の笑い声には全く反応してくれないんです…

主人の笑い声には反応して、一緒に『わっはっはっは~』と 笑い声を再現するんですけどね。^^;

私に反応するのは、咳払いやクシャミの音。笑

咳払いには「キャッ」と鳴き声をあげますし、クシャミをしようものなら、「キュルキュルキュルー」と甲高い鳴き声を上げるんです。笑 

それもほぼ同時なんで、音を聞く瞬発力が優れているなあと感心してしまいます。これも野生の本能なのかな…? 

私と同じことを主人がしてもダメで、私じゃないと反応しないみたいなのです。

セキセイインコが反応する音の周波数って、あるのかな…⁇

その反応が面白くて、可愛くて、しょっちゅう笑わされています。^^

f:id:cinnamoncake:20200316220458p:plain

 『笑い』は、辛かったこと、苦しかったことが後になって『笑い話』にできることがありますよね。

私も今元気になったから言えることですが、脳出血した当時(7年前)は、「お葬式のことを考えた」と主人から聞かされたことがあります。

渦中のさなかは、とても深刻だったと思いますが、今となってはこの事が笑い話になっています。

なので、今、世界を騒がせているウイルス騒動も、いつの日か『笑い話』になることを祈っています。(^^♪ 

 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村