私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

『50音マラソン』『う』~占い(今だからわかる占星術師さんの言葉)~

前回は、50音マラソンを小休憩して、他のテーマを書きました。

今回はまたマラソンルートに戻って、続きを書いてみたいと思います。

 

今回は『う』

『う』で思いついたのが、『占い』という言葉です。

では今回は、『占い』について書いてみたいと思います。

 

『占い』と『スピリチュアル』似てるけど別物⁉

私は子供の頃から占い系が好きで、しぐさ占い、夢占い、手相、ほくろ占い、タロットカードなどなど、色んな占い本を持っていました。

とは言っても、真剣に学ぶというより、興味があるページをパラパラと読む程度でした。

まったく霊感はなく、でも興味は人一倍強くて、『占い』と聞けば、反射的に反応するタイプでした。笑

そういう興味は、今ではしっかり根付いています。

ですが、今は占いよりもスピリチュアル的なことの方が興味が強いのです。

こう書くと、『占い』と『スピリチュアル』はどう違うの?になってくると思うのですが…

f:id:cinnamoncake:20181111162910j:plain

私の解釈では、『占い』は、人が生まれる前に、あらかた決めてきた『人生の見取り図』を読み解く方法であり、『スピリチュアル』は、その『人生の見取り図』をよりよく『幸せ』に生きる思想、という風に捉えています。

もっと『スピリチュアル』について言うならば、『自己啓発』な面があるけれど、魂に関する本質的な思想という感じでしょうか… 

どちらも『人生の見取り図』は共通していますが、大雑把に言うと、占い=方法、スピリチュアル=思想 というイメージを持っています。 

なので、 占いとスピリチュアルを上手に使って、『人生の見取り図』を幸せに生きたいなと思っているのです。

 

占星術で『今世のテーマ』までわかるの⁉

先日、整理していたら一つのファイルを見つけました。

その中には、占星術に詳しい方が私のバースチャートを鑑定してくださり、その報告メールをプリントアウトして保管していたものがあったのです。

日付が2008年となっていたので、もう11年前…「懐かしいなあ」と思いながら、鑑定内容を読み返していました。 

 

占星術師さんは、友人の紹介で、「鑑定内容が良かったよ」と聞かされ、「ならば私も」と受けてみることにしたのです。

「・名前、・生年月日、・出生地、・出生時間 ・聞いてみたいこと」それらを書いてメールしました。

すると、約1週間ぐらいして、A4サイズ6ページに渡りビッシリ詳しい鑑定結果がメールで送られてきたのです。 

当時の私は、『血液の病気』と『婦人病』で悩んでいたので、そのことについて質問したと思います。(質問内容は覚えていませんが)

その方は、私のバースチャートから、今世のテーマの一つに『創造性』だと読み解かれました。 

私は病気のことが一番気になっていたのですが、その方によると、「『病いそのもの』が人生の大きなテーマではないと感じる」と書かれていました。

そして、病気によって、『創造性』に様々な障害が生じてくること、それが取り組むべきあなたのテーマであるとも。 

今読むと、「なるほど、そうだったのか…」と分かります。

当時の私は、『病そのもの』が、テーマだと思ってましたから、占星術師さんの言葉は響かなかったのです。

 

私はしし座生まれなのですが、しし座というサイン自体が、『創造性』というキーワードを持っているそうです。 

「自分の人生を謳歌する、自分らしく生きる、あなたにはそんな面が確かにあるはずです。」

とも書かれていて、その時はピンとこなかったのですが、今では「そうか…」と頷けます。

 

f:id:cinnamoncake:20181229220315j:plain

ゾロ目『444』の意味

そうそう、この占星術師さんが、ご自分のメールアドレスに、『444』の数字を使われていたんです。

占星術の他に、エンジェルヒーリングもされていたから、 エンジェルナンバー『444』の意味もよくご存知だったんでしょうね。 

私もマネて、自分のドメインに『444』をつけました。笑

ちなみに、エンジェルナンバー『444』は、たくさんの天使が見守っていてくれるサインみたいです。

↓ 下記の記事にも、このことに触れています。

www.cinnamon444.com

昔の鑑定結果を今読み返すと面白いですね。

その時はピンとこなくても、「今だからわかる」っていうこと、誰にでもありますよね。

それだけ自分が成長したということなのかな~(^^♪

 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村