私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

『50音マラソン』『ぬ』~主(リーダー)がいる世界からの変容~

ただいま『な行』をランニング中!な・にぬ・ね・の

今回は、『』です。

『ぬ』から始まる言葉がなかなか浮かばなくて、単なる『主』という一文字が思いつきました。

 

『主(ぬし)』という言葉、 意識していないだけで、そういえば目にすることがありますよね。

『世帯主』『持ち主』 『雇い主』…『〇主』という形の言葉にすれば、意外と多く見つかります。

この『主』という文字をまじまじ見てみると、共通して中心人物を指す文字なんだというのが分かります。

f:id:cinnamoncake:20181029213706j:plain

主(ぬし)で思い出した『SHOGUN (将軍)』ドラマ

先日、ふと昔見た、日米合作時代劇ドラマ『SHOGUN(将軍)』を思い出し、 YouTube にあるかな?と検索してみると、出てきました。(何でもあるな~^^;)

ですが、出されていたのが外国人だったので、字幕はなく…(映像は綺麗でした) 

このドラマは、私が忘れもしない高校入学前、15歳の春に見た時代劇ドラマなのです。

 

簡単なあらすじを言うと、時代背景は戦国時代、日本に漂着した外国乗組員は、船が壊れて帰国できなくなります。仕方なく日本で生きることになりますが、船長(主人公)は、一人の大名(後に将軍になる)に気に入られ、召し抱えられます。 

日本と自国の文化の違いに戸惑いながらも、日本の武家社会で外国人サムライとして生き抜きます。ストーリー中には、日本女性との禁じられたラブロマンスも… 

今の時代劇は、若い人でも親しみやすいポップな感じですが、昔のものは描写が生々しくて、強烈に印象に残っています。私が多感な年頃だったから余計かもしれませんが。

主演は、リチャード・チェンバレンという外国人俳優(真摯で優しい外国人サムライ)

日本の俳優陣は、三船敏郎氏、 島田陽子さん など

通訳役の島田陽子さんが美しくて、当時アメリカ人男性のハートを鷲掴みにしたと聞きました。笑 

この作品は、日本より先にアメリカで放送されたそうですが、この時間になると放送見たさにハイウェイ?の道が空いていたとも。

アメリカでは、当時かなり人気がある時代劇ドラマだったようですね。

 

放送当時、15歳の私にとって、この時代劇ドラマの内容は、かなりセンセーショナルでした。 

武家社会というのは、『長いものには巻かれろ』、それに『自分の命は人のもの』というような無情なはかなさを感じました。

こんな悲惨な歴史があったんだ … そう感じるようなドラマだったのです。

15歳の時は全部見ましたが(笑)、先日はドラマの触りを見ただけで、チャンネルを閉じました。

わざわざそんな酷いシーンを見ることはないと。

私が見たかったのは、外国人侍と日本女性のラブロマンスでした。(結局見なかったけど) 

 

日本も第二次世界対戦までは、そんな名残があったんではないかなと思います。

主(リーダー)がいるような縦割り社会では、上の人が言うことは絶対服従みたいな…

当時は、自分を押し殺して生きるしかなかったのでしょうね。

今の時代に生まれてよかったなあとつくづく思います。

とはいえ、過去生ではこの時代も経験してるかも?ですが。笑

 

人に縛られない生き方

f:id:cinnamoncake:20190122171711j:plain

この世界には、今も昔ながらの主(リーダー)の下で、神経をすり減らしながら働く人々がいます。それは、長い歴史上では当たり前のことでした。

かたや、自由にノマドライフを満喫している人々もいます。

ノマドライフは、起きることは自己責任という重圧はありますが、人に縛られないという点では、ストレスがないと思われます。

昔は前者のような生き方しかできなかったんですが、今はインターネットのおかげで後者の生き方も出来るようになりました。

それによって、収入面は後者の方が上だったりもするのです。

前者か後者か…今後はますます二極化が進んでいくでしょうね…

もし私が漂着するならば、後者のような島に辿り着きたいですね(^^♪

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村