私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

『50音マラソン』『く』~【苦】からの脱却と【9】新たなる始まり~

今回は、『く』です。

『く』で思いついたのは、『苦』がつく言葉。

苦労、苦悩、苦渋の選択とか、耳にするだけで重い言葉なんですが、今回はあえて『苦』について書いてみたいと思います。

 

実は今日、この日は、私が脳出血した日なんです。

2013年のことなので、もう6年も前になります。

それまでは、健常者として生活していましたが、この日を境に障害者となってしまいました。

言い換えれば、私の『第二の人生が始まった』とも言える日なのです。

f:id:cinnamoncake:20190223162227p:plain

今だから笑える話

当時、主人の携帯電話に、担当医から「奥さんが脳出血されました」と連絡が入って、主人は急いで病院に駆けつけたようです。 その時は愛犬もいたので、一緒に車に乗せて…

私は三日間ほど眠っていたんですが、その間、主人は付き添ってくれたらしく、愛犬は病院の地下駐車場で三日間過ごしたようです。(主人は息抜きがてら、愛犬の様子も見ていたとか…) 

後日談で主人が私に話してくれたんですが、脳出血をしたと医師から聞かされた時は、葬儀のことを考えたと言いました。笑 

私の友人にも、私の携帯からメールで連絡したようですし。^^;

無理もないですよね…次から次に病気になって、最後は脳出血を起こして意識がなかったんですから。

今だから笑い話になりますが、当時は切羽詰まった状況だったんでしょうね… 

 ↓ 昨年、平成最後の年ということで、『病』について書きました。

www.cinnamon444.com

 

軽い記憶障害のこと

脳出血後は、固形の食事は危険ということで、食事は流動食でした。

それに、普通の飲み物はサラサラしているので、誤嚥の恐れがあるらしく、飲み物は全てとろみをつけて、ゆっくり飲むように言われていました。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【合算3150円で送料無料】トロミアップエース 3g×50本入※※
価格:1131円(税込、送料別) (2019/12/6時点)

軽い記憶障害も起こしたので、「この病院名は?」と看護師さんに質問されても、 京都の病院であることはわかるのだけど、病院名は正しく言えない…
突発的に「歯を磨かなくちゃ」と思い立ち、真夜中に呼び出しブザーを鳴らして、看護師さんに迷惑をかけたことも… 

別の日には、呼び出しブザーが近くにあるのが分からなくて、不安で半泣きになりながら「すいませーん」と大声を張り上げて看護師さんを呼んだり…

軽い「見当識障害?」を起こしていたようです。

そんな状態が、約2~3週間続きましたが、その後は、徐々に脳が正常に機能するようになりました。

一時的とはいえ、私も記憶障害を経験し、記憶がなくなることは、とっても切ないんだと痛感したのです。  

 

『9=苦』の見方を変える

話は変わりまして、『く』にちなんで数字の『9』についても書いてみたいと思います。

以前もブログに書きましたが、日本では『4と9』が忌み嫌われる数字と言われています。

それは、『死(4)と苦(9)』だからでしょうね。

私は自分の誕生日に、夕食の買い出しに車で出かけた時、『9』 のつくナンバーの車をやたら見かけました。 『999』とか 『9999』etc.

エンジェルナンバーで言うと『9』 は、『終わりと同時に新しい始まり』のメッセージであり、決して『苦』ではないんです。

とは言え、『9=苦』が子供の頃から刷り込まれてきたからか、以前はよくないイメージがありました。 

ですが今は、「そんな良くないイメージにとらわれてたまるかー!」って思いが強いですね。笑 

↓ 『4と9』について書いています。

www.cinnamon444.com

それに、タロットカードでも、『死神』の絵柄が出たら、反射的に「不吉」や「良くないことが起こるのかも…」と言うイメージが湧くと思います。

でもこのカードは、『新たな始まり 』を意味していて、決して悪いものではありません。

私が自分の誕生日に見た『9』のエンジェルナンバーと同じような意味があるんでしょうね。

f:id:cinnamoncake:20181111162910j:plain

今回は、自分が脳出血した日と『50音マラソン』の『く』が重なったので、『苦』と『9』について書いてみました。

病気で辛い思いをしたけど、これからはどんどん良くなりますっ! (^^♪ 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村