私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

『50音マラソン』『へ』~『変化』について(化学的と心理的)~

ただいま『は行』をランニング中!≪は・・ふ・へ・ほ

今回のかな文字は、『』です。

『へ』で思いついた言葉は、『変』から始まる言葉でした。

変化、変容など、移り変わりゆく様子を表す言葉ですよね。

今回は、その言葉にスポットを当てて書いてみたいと思います。

 

『化学反応』はマジックみたい!

『変化』の言葉で真っ先に思い浮かんだのが、私が夏になると手仕事で作っている『しそジュース』のことです。これは、作る過程で見られる『変化』が面白いのです。

お湯の中に赤しそを入れると、赤しその色がお湯に移って『どす黒い赤』になるんです。 そこへ仕上げに酸を加えると、『どす黒い赤』から一瞬で綺麗な『ルビー色』に変わります。

その様子はマジックを見るような変化ぶりなのです。これが『化学反応』というものなのでしょうね。^^ 

『しそジュース』を作ったことのない来客には、「これ、着色料なしの自然な色ですからね 」と付け加えて出しています。すると驚かれるんですよね。笑

それぐらい鮮やかなルビー色になるから、『しそジュース作り』って面白いですよ。^^

 

f:id:cinnamoncake:20190803172842p:plain

 

私は私、人間関係まで引き継ぐことはない

先日、家の電話が鳴りました。

知り合いからだと携帯電話なので、家の電話が鳴るのは知らない人からということになります。

誰からだろう…電話に出てみると、昔、実家の父の元で働いていた職人さんからでした。

 

私の亡父は、家の外装工事の個人経営者だったので、電話をかけてきた職人は、私が幼い頃から父が亡くなるまで働いてきた人です。(40年ぐらい)

当時、その人が15歳から20代前半まで住み込みで働いていたので、私と寝食を共にしてきた、いわば年の離れた兄のような存在です。

とはいっても、私は昔からその人が嫌いでした。嘘つきで、図々しくて、それが鼻持ちならなかったのです。

父母も同じように愚痴っていましたが、それでもやめさせなかったのは、外交的で仕事がよくできたからなんです… 父が指示しなくても、仕事の段取りを組める人だったから、父にとっては楽だったのでしょう。

人間性はさておき、仕事面では、持ちつ持たれつの関係、『腐れ縁』だったということでしょうか…

 

その職人から先日、電話がかかってきたのです。

何の用事だろう… ちょっと身構えてしまいました。すると、実家に置いてある機械を使いたいという話でした。

私は瞬間的に「イヤ!」という嫌悪感が走って、「もうそういうこと、やめへん?」と不意に口走ってしまいました。職人に「アカンのか…?」と訊かれ、私は「ウン 」とだけ答えました。

はっきり「イヤです、お断りします」は言わなかったけど、私の心情は言うまでもなくその言葉通りでした。 

 

昔の私だったら 、いやいやながら実家を開けて、職人に機械を使わせていたかもしれません。

でも、もう私はその職人とは縁をつなぎたくないし、父と職人との人間関係を私まで引き継ぎたくないと思ったのです。

昔から嫌だと思っていた人と、たとえ長い付き合いがあったとしても繋がる必要はないし、どう思われたっていいと思いました。

 

『自分に正直でいる』ことは『自分を大切にしている』こと

f:id:cinnamoncake:20190508213158p:plain

職人に断れたことで、とても自分の気持ちが晴れやかになりました。

もし、いやいやながら「OK」の返事をしていたら、はっきり言えない自分にモヤモヤして嫌になっていたでしょうね、心と裏腹のことをしているから… これ、ホントに苦しいです。 

自分の気持ちに正直になるって、気持ちがいいですね ~

これでもう、職人とつながることもなくなったと思います。

万が一、同じようなケースがあったとしても、一度断ってるから断りやすくなっていますしね。^^

経験は『道』みたいなもので、最初は勇気がいるけど、一度道ができてしまうと、後は通りやすくなると感じています。 

 

『変化』について、全く違う二つのことを書いてみました。

断捨離でも『自分を大切に』ということを言われているので、本当にそうだなと思います。

自分の気持ちに正直でいる、それが自分を大切にしていることだと思うのです。 

自分にとって必要のないもの、もう終わったもの…それはモノ(物質)だけでなく、 人間関係でも同じなんだと思った出来事でした。

これからの人生、ますます自分を大切にしたいですね。(^^♪ 

 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村