私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

『50音マラソン』『は』~私の『歯』を守る必須アイテム~

『50音マラソン』も、今回から『は行』に入りました。

まずは先頭かな文字『は』です。

『は』で思いついた言葉は、『歯』から始まる言葉でした。

今回は、『歯』にまつわることを書いてみたいと思います。

 

『歯』は、ご承知のように乳歯から永久歯に生え変わるのは、たった一回きりの体験ですよね。

だいたい12歳ぐらいまでには、永久歯に生え揃うんじゃないかなと思います。

(私は子供がいないので、自分の体験から話しています。)

昭和初期の頃は平均寿命が50歳くらいだったから、これだと一回生え変わるだけで十分だったと思います。

ところが今は、平均寿命が80歳以上になってきてますし、これからは『人生100年時代』とかいう話も耳にしますよね。

そう考えると、歯も一回生え変わるだけでは厳しい時代になってきました。

インプラントによる人工的な再生はできますが、保険がきかずかなり高価です。

そうなると自分の歯をできるだけ大切にしなければなりません… 

 

歯科医院に行けなかった私の虫歯対策

f:id:cinnamoncake:20190508212931p:plain

私は血小板が少ない血液の病気、つまり止血が困難な病気で、30年ぐらい親知らずを抜けずにいました。 

ですが、退院後から血小板が安定してきたので、2017年にようやく悲願の(笑)抜歯ができたのです。

その時のことは以前ブログに書いています。もしよければ覗いてみてくださいね。 

www.cinnamon444.com

血小板が少ないから抜歯をしたくても出来ない、これは歯科医師でもどうしようもないことだから、自分で虫歯にならないように守るしかありませんでした。

そのために、起きている時は簡単な歯磨きでしたが、寝る前は30分ぐらいかけて入念に磨いていたのです。

普通の歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじ、この三つを使って虫歯にならないようにせっせと…^^;

その甲斐あってか、完全とは言えませんが、歯科医院にかからなきゃいけない事態は避けられました。

 

私の『歯』を守る必須アイテムの紹介

私が長年使った経験から、『歯間ブラシ』でも『糸ようじ』でも、使いやすいなと思ったのは『柄が付いているタイプ』のものです。 

 

糸ようじは『デンタルフロス』と言って、細い糸を数本束にしたもので、歯間についた歯垢をからめ取る効果があります。

これは歯と歯の隙間に挿入することになるので、歯ブラシではできないことなのです。

私はライオンの『ウルトラフロス Sサイズ』を20年ぐらい使っています。

歯科医院に置かれていたので、お試しで買ってみると使い心地が良くて、それ以来ずっと使っています、今もです。^^

他のメーカーのも使ったことがありますが、やはりこちらに戻りました。

フロスの種類には、自分の手に巻きつけるタイプもありますが、これだと奥になるほど手が邪魔で使いにくく、やはり『柄ついたもの』に限ります 。

特にY の字になった『ホルダータイプ』のデンタルフロスがおすすめです。

昔は歯科医院で買っていましたが、今は楽天で購入しています。

私も2ヶ月ぐらい前に購入しましたが、こちらは6個までなら、メール便扱いで送料が250円で済みましたよ。^^ (この数で、私で1年強くらい)

 

 

寝る前の歯磨きは、いつも YouTube を見ながらなので、一連の作業(歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス)が30分ぐらいかかったとしても、すぐに経ってしまいます。

それと、デンタルフロスは、歯間に挿入すると汚れがついてくるので、いちいち洗うのは面倒です。だから私は、空き瓶(ジャムなどが入っている)に水を張って、「フロスを歯間に挿入するたび、汚れはその中で洗う」を繰り返しています。(衛生上、空き瓶をそれ専用にしておくといいですね^^)

f:id:cinnamoncake:20190701191846p:plain

普通の人みたいに歯科医院に気軽に行けないという理由で、デンタルフロスを使うことになったんですが、今ではもうすっかり習慣になっています。 

寝る前に歯がすっきりしてるのは、とっても気持ちがいいものですよ。^^

それに、いい睡眠ができそうで、この習慣はずっと続けて行きたいです。 

なんせ永久歯ですから、高齢になっても自分の歯で食べたいですしね。(^^♪ 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村