私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

「7年ぶりの大阪」~スマホを求めて~

前回は、MNP(電話番号はそのままで通信会社を変える)体験をしたことをを書き、今回は、スマホがまだない私たち夫婦が、端末と通信プランを求めて、7年ぶりに電車で大阪へ行ったことを書いてみたいと思います。

 

f:id:cinnamoncake:20200925170036p:plain

7年ぶりの大阪…
電車は、以前と同じ2人掛けのロマンスシートで、最寄りの駅からJR大阪駅まで約1時間半のプチ旅行(笑)が始まりました。

真っ先に気づいたのが、車内アナウンス。前と比べて都会ぽく変わっていることに感動しました。
日本語のすぐ後に英語のアナウンスが流れてきて、かなり国際的になったな〜と実感! 以前は、「次は〜〇〇駅〜」という乗務員さんのローカルなアナウンスだったのに…笑

 

窓越しの景色は、地元の駅を発車した時点ではのどかな田園風景でしたが、大阪に近づくほど建物だらけのコンクリートジャングル(古い表現?!)で圧迫感がありました。
みんな、終始窓のブラインドを閉めていたけれど、私はずっと開けたままで外の景色を眺めていました。
そういえば私も昔、通勤で同じようにブラインドを閉めていたな…見慣れた景色だったから。

 

途中、私の目に飛び込んで来た景色は、日本一を誇る高層ビル「あべのハルカス」、昔テレビCMでみた「スパワールド」、大阪の昔ながらのシンボル「通天閣」、UFOを思わせる巨大な銀色の屋根「大阪ドーム」、一度乗ってみたい「USJ行きの電車」、それらが観光気分を盛り上げて、電車旅を楽しいものにしてくれました。

 

地元の駅から大阪駅までは、乗り換えなしの一直線だから、私でも問題なく…と言いたいところですが。。。
地元の駅は始発駅というのもあって、人が少なく余裕で乗り込めましたが、大阪に近づくほど車内に人が増え、JR大阪駅に着いていざ降りようとすると、人がなだれ込むように入ってきました。
私にとっては、電車はこれが怖い…
主人が片手で私の歩行器を持ち、もう片方で私の手を引いてくれたので問題なく下車できましたが、これが一人でと想像すると、かなり怖みがさしました。

 

大阪駅では、車イスの男性が駅員さんといる姿を見かけましたが、おそらく電車に乗る補助なんでしょうね…
いや〜1人で電車を乗降できるなんて脱帽。かなり勇気がいるでしように…
やっぱり慣れかな…

 

JR大阪駅の発車メロディは、やしきたかじんさんの「やっぱ好きやねん」のサビの部分が流れてました。
そのメロディが流れると、電車を乗り降りする人でホームがいっぱいになります。
みんな、ホームの中央にある階段を使っていましたが、私の場合はエレベーター、しかもホームの端っこ…
目的地の「グランフロント大阪」も案内がなく、左右どっちのホームから出たらいいんだろう…?
訊こうにもホームに駅員さんがいないし、こうなったらカンで行くしかない…

 

なんとか改札にたどり着いたけど、今度は「グランフロント大阪」の案内図が全く見当たらない…
主人は、通りすがりの女性に聞いてくれたけど、その女性も「私も行こうと思ってるけど、よく知らないし…」と途方に暮れているようでした。

主人が1人で周辺を探しに行き、私は主人を待ってると、なんと!先っきの女性がわざわざ戻って来てくれて、「エレベーターはあそこ、その上にグランフロント大阪があるよ」と教えてくれたのです。同じように探してくれてたんですね…
こんな親切な人がいるんだとすごく嬉しくて感動しました。
今まで、私は自分を見る「好奇な視線」がイヤで人を避け、こんな風に親切にしてもらったことがなかった…
たぶん、ずっと私が心を閉ざしてきたからなんだと思いました。
「現実は自分の心の投影」と言いますからね…

 

f:id:cinnamoncake:20200925172823p:plain

 

エレベーターを上がってからも、グランフロント大阪への道のりは、私にはかなり遠く、歩行器でこんなに歩いたのは初めて。
途中で休憩を入れながら、後からくる多くの人に抜かれながらもノロノロと歩きました。
そして、やっと着いた〜と喜んだのもつかの間、目的地は北館で、ここは南館…北館までは、もうひと頑張り…^^;

北館からはエレベーターに乗って、やっとこさ「マイネオショップ」にたどり着けたのです。
ショップでは、望み通りにスマホ端末と通信プランを契約でき、これでようやく自宅に通信手段が確保できたのでした。

 

大阪に行くまでは、「ウインドショッピングも♪」なんて夢みてたけど、実際はそんな余裕は全くなく、ショップへ行くのが精一杯でした。
それでも、目的が果たせたので大満足なんですけどね。^^
心身共に疲れたけど、「やろうと思えばできるんだ」と自信がつきました。

 

地元の駅に到着したのは夕方5時過ぎでした。
これから駅は、帰宅で混み合う時間。私の町は、ベッドタウンだから。
その前に帰れたから良かった!で終わりになるところでしたが、最後の最後に、もう一波乱がありました。
主人が2人の切符を失くしたと言うではありませんか!
2人分で片道2000円もかかったのに、もう一回払うことになるの…??
改札で、主人が駅員さんに事情を話すと、駅員さんはちょっと仏頂面をしながらも、すんなり通してくれました。
あ〜正直に言って良かった〜
もう一度2000円を払うのは痛いですからね…^^; 感謝、感謝
こうして、色々ありましたが、「7年ぶりの大阪」を無事に終えたのでした。

 

f:id:cinnamoncake:20200925170642p:plain

 

翌日は、ケアマネさんの訪門だったので、初めて使った公共交通機関の感想や、私からみた問題点などを話しました。
一通り話し終えたところでスマホの話題になり、ケアマネさんも最近、通信会社を乗り換えたそうなのです。
その転入先を尋ねると、なんと偶然にも同じ「マイネオ」だったのです!

続きは次回に書いてみたいと思います。

 

  *ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村