私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

マラソン小休憩~セキセイインコの『とまり木』

今日は、『建国記念日』で祭日ですね。

私の『50音マラソン』も、前回で『は行』のランニングを終えたので、今日は給水タイムの休憩にしようと思います。

今回は我が家のペット、セキセイインコの『とまり木』について書こうと思います。

 

先日、母の施設に行った帰りに、ちょっと寄り道したくなって、隣町の桜並木まで主人に車で走ってもらいました。

そこでちょっとウォーキングをしたいなと思って。

ところが風が吹いてて散歩するには寒すぎるので、車の中から景色を見ることにしました。

 

辺りは寒々しい裸木の景色だったんですが、ふとこの裸木の枝に、ウチのセキセイインコがとまっている姿を空想しました。

でも実際は、生まれた時から人と暮らしているから、エサも自分で探せないだろうし、もし自然の中に放鳥したら戻ってこないよな…と現実的な思いも巡らせていました。

 

すると、主人だけが車の外に出て、「これをピーちゃんにどうかな?」と落ちてる枝を拾ってきたんです。

木の枝か…それはいいアイデア!とまり木には、もってこいだな…

近くにいっぱい木あるから、落ちてる枝も沢山あるんです。

裸木って、寒々しくてもの寂しいイメージがあるけど、この季節はいいですね。枝に葉が茂っている季節だと、 葉っぱを取る手間がありますからね。それに、落ちてる枝が少ないかも…?

よく『流木アート』とか聞きますが、こういう落ちている枝でも自然の温かみというか、ナチュラル感が味わえるもんですね。

 

ペットショップでよく見かける『鳥のとまり木』は、白いプラスチックでできた棒ですよね。これだと、どこか味気ない気がします… 

この枝を見た時は、私の方がワクワクしましたね。

大空は飛べないけど、きっとあの子も野生を体験できると…笑 

 

早速持ち帰って、主人は一応ゴシゴシと枝を洗っていました。

人工のとまり木しか知らない子ですからね… 野生の木には虫がついているかもと心配したようです。

洗って乾かした枝は、一見『ゴボウ』のようでした。笑 

そこへ喜んでとまってくれるだろうと誘導したんですが、なかなかとまってくれないんです。

初めての枝だから怖いのかな…

大好きな『すず』を枝につけて誘導してみたけど、興味はあれどとまってくれない…

私たち人間は、鳥が枝にとまる姿を何度も見てるけど、なんせこの子には初めてのことだから、無理もないしな…

とにかく、自分から枝にとまってくれるまで、私も気にせず放っておくことにしました 。

 

しばらくすると、『すず』の音が聞こえだし、そちらに目をやると、ちょこんと枝にとまって遊んでいたんです。

よかったね~ とまれたね~  野生の体験、できたね~ と私の方が大喜び。^^;

私も立派な『鳥バカ』です。笑

人間の場合、我が子が初めて立ったときの親の気持ちって、こんな感じなのかなと思わず想像してしまいました。

 

⇩これが先日拾った『洗いゴボウ』みたいな枝の『とまり木』です。^^

f:id:cinnamoncake:20200629144400j:plain


 ⇩いつもこの窓辺に枝をおいて、そこにとまっています。今回は、『すず』を持ったブルースリーのフィギュアと対決⁉です。^^『

もう今では当たり前のように、枝にとまっています。

たぶん、枝のつかみ心地もいいんでしょうね。

私も枝にとまっている姿を見ると心がなごみます。

初めは怖がって、とまろうともしなかったのに、慣れてくるとできるようになるんですね。

人間もそうですが、他の動物でも皆同じなんだなと思わせてくれる出来事でした。(^^♪

 

*ランキングに参加しました。よろしくお願いします^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村