私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

角質イボが消えた話~後編~とスピ系の話

前回のブログでは、最初(1回目)にできた『角質イボが消えた』ことについて書きました。

そして、2回目にできた角質イボも、前回にちょっと触れましたが、先週末ぐらいから消え出したのです。

それは、ずっと放置していた『契約・資格』などの事柄にスポットを当て、思い切って断捨離した後のことでした。2年くらい、親指の関節を見るたびに不快だったのですが…

(具体的には、独身時代の銀行口座解約、知人の自動車保険の停止、運転免許証の返納)

今、親指を別の指で触ってみると、角質イボがあった感触がなく、目で見ても最初から何もなかったように痕跡が確認できません。

ホントに不思議…としか言いようがないのです…

f:id:cinnamoncake:20181227194625j:plain

2回も経験して思うことは、体は心(精神)に大きく影響されるんだなということです。

それに、おそらくですが、人智を超えた力が働いたんじゃないかなと思うのです…

 

『人事を尽くして天命を待つ』…私のやった事も⁉

以前、買取業者(ブランディア)から発送キットが送られてきて、その中には、やましたさんの『断捨離小冊子』がついてきました。

その小冊子の巻末には、印象深い文章のくだりがあったのです。 

『「引き寄せ」という方法論がありますが、断捨離は「流れ込む」とか「授かる」という感覚。

自分から願うよりも、気づかないような形で、必要なとき、必要なことを、必要なだけ天が授けてくれると思うほうがずっとワクワクしませんか? 』

 

そうです!「 えっ⁉」とか「まさか⁉」のラッキーなサプライズって、確かに嬉しいものです。

それには、『結果を期待しないこと』が大事なんですよね…

まさに、『人事を尽くして天命を待つ』のことわざがピッタリくると思います。 

 

何はともあれ、ずっと気になっていた事柄が片付いたし、それにずっと不快だったデキモノも消えた…

私にとっての「ずっと」が片付いたので、とても清々しく、嬉しく思っています!(^^)!

 

スピリチュアルのワークと『断捨離』は似てる⁉

スピリチュアルの世界では、今が最も覚醒のゲートが開いていると言われています。 

つまり、「宇宙エネルギー」が最大限に降り注ぎ、覚醒を促すバックアップ体制が万全なのだとか。

これは2020年の春分の日まで続くそうで、その日を境に徐々にゲートが閉じるらしいです。

 

今まで通りの古い考え方で生きるのか? 新しい考え方で生きるのか? の選択をする時が来ているようです。 

 

もちろん、どちらを選択しても良いのですが、もし後者を選ぶのであれば、いらない感情を手放していく必要があるそうです。 

先に書いた、緑色の文章通り、今が良い流れに乗れるチャンスだそうです。

 

私たちは皆、本来は高い波動の存在なのに、地球で生きるためにわざわざ波動を下げて降り立ちました…自分に制限をかけている感情(できない・やれない ・無価値感 …etc)という重りをつけて。 

そのいらない感情が 、生き辛くさせているのだと思います。

 YouTube 動画では、その感情の手放しワークをたくさんの人が紹介されています。

 

そのワークには、感情という目に見えないものに、イメージで「形」と「重量」を与えて手放していく方法があるのですが、これって『断捨離』に似ているなと思うのです。

断捨離は、実際にモノを捨てる(手放す)ことなのですが、モノに張り付いた自分の感情も一緒に捨てる(手放す)ことになるので、 これがスピリチュアルな人が薦めているワークにつながっているなと感じるのです。 

 

YouTube で、いいお話をされているなと思う人は、 

並木良和さん

インドのあきこさん 

もしご興味があれば、 検索してみてくださいね。

f:id:cinnamoncake:20180823132653j:plain

私は、スピリチュアルな世界があったから、ここまで生きてこれたんだと思っています。 

世の中には、「目に見える世界しか信じない!」という人がいると聞いたことがありますが、それはもったいないなと思うのです。 

聞くところによると、「目に見える世界」は、わずか数パーセントなんだそうです。

ならば、「目に見えない世界」を信じて、上手に自分の味方につけた方が、より良い人生を送れるんじゃないかと思っています。