私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

今日は新月🌑願い事が叶いやすい日

先日(7月31日)のニュースでは、火星が地球に5,759万Kmの距離で最接近するという話題で盛り上がっていました。
15年ぶりだそうで、肉眼でも見れるらしく、「ホントかな?」と少し興味が湧いたので、主人の腕を掴みながら外に出て、夜空を見上げてみました。
南の空に、ひときわ強く赤い輝きを放つ星があったので、一目で「あれが火星か!」とすぐにわかりました。
ちょうど夏休みなので、天体好きな子供達は、興味津々で観察したことでしょうね。
次回の最接近は、17年後らしいです。

今日(8月11日)は、獅子座で起こる新月です。
新月は、月が全く見えない状態なので、真っ暗です。
暗い分、星が見えやすいなどのメリットがあります。

新月は「何かをスタート」するには最適な日とされています。
また、「願い事が叶いやすい」とも言われています。


f:id:cinnamoncake:20180825124632j:plain


私は、願い事ノートを2013年から、毎月ではないですが書き続けています。
書き始めた頃は健常で、利き手の右で書いていたせいか、自分の文字ながら、とても懐かしく「滑らかに書いているな」と感心します。
そして、この身体になって、左手で書き始めているのが、2015年の夏からです。

その時より、今の方が少し上達したかな?と思うのですが、でもやはり左手で書くのは難しいです。
時間がかかるし、スムーズに書けないので、特に電話を聞きながらメモが取れなくて…
そんな場合は記憶するか(あまり自信がないのですが^^;)、主人がいる時は、私が声に出して相手の言葉を繰り返し、主人にメモしてもらうようにしています。
最近の主流は、電話よりメールなので、私としては、ありがたいツールだなと思っています。


話がそれましたが、新月の願い事を書くポイントは、すでに叶ったと完了形で書くのがよいようです。
よく「〜しますよに」と願い事をすると思うのですが、それでは、できていない状態ということにフォーカスすることになるので、叶いにくいらしいです。
「〜になりました」と願い事を先取りするように書くことで、それが本当になるようです。
私もノートには、叶えたいことを「もう叶った」ように書いています。


今の私の血小板数は、20万くらいあります。(以前は1〜2万でした。1万以下の時も)
治療でロミプレート注射を毎週打っていますが、少しずつ打つ量が減ってきています。
毎月の新月の願い事の一つは、「私はロミプレート注射から離脱しても血小板数が安定しています」です。
この願いは、叶ってきてると感じますし、完全にそうなるよう心から信じています♪