私のチャレンジ日記

脳出血の後遺症で少しハンデがありますが、色々とチャレンジしていきたいです。

京都大原といえば…

昨日は、しそジュースの事を書きました。

出来たてのジュースを、空のペットボトルに注いで、友人・知人にプレゼントしました。
しそジュースは人気があるのか、皆に喜ばれます。
体に良いという事と、ルビー色をしているせいか見た目が綺麗で、グラスに入れて氷を浮かべると、とても涼しげで絵になるなと思います。
グラスを揺すった時に、氷がグラスに当たるコロコロという軽やかな音も、さらに涼感をさそいます。
こう連日猛暑が続くと、体感だけでなく、目や耳からも涼をとっていきたいものですね。

昨日のブログで、しそジュースの赤紫蘇は、京都大原の漬物屋さんから取り寄せたと書きました。
名産品のしば漬けで知られているように、京都大原の赤紫蘇は、香り・発色ともに素晴らしいと定評を受けています。
なので、「同じ作るなら、そこの赤紫蘇からしそジュースを作りたい!」と思いました。
結果、とても美味しくできたので、私としては大満足です!

美味しくできたとか、うまく出来たという満足は、自信につながる気がします。
そして「あの感動を再び」というような奮起も湧いてきます。
そんな小さな感動や自信を身の周りにたくさん起こしたいです。


f:id:cinnamoncake:20180825125737j:plain


京都大原といえば、イギリスご出身のベニシア・スタンリー・スミスさんのことが思い浮かびます。
日曜日、午後6時、NHK「猫のしっぽカエルの手 京都大原ベニシアの手づくり暮らし」に出演されています。
彼女は、京都大原の古民家を日本人のご主人と改装し、庭をハーブガーデンにされています。
彼女の生きる姿勢を通し、何でも手に入る時代の私達が忘れかけている、物を大切に使う事や手間・暇をかける大事さを伝えているように思いました。

私は、2ヶ月ごとに定期的に京都の病院へ行っているのですが、昨年夏、偶然、院内でベニシアさんを見かけたのです‼
何科にかかられているかはわかりませんでしたが、テレビで拝見したままのお方で、受付の女性と話しながら私の前を通っていかれました。
私は、驚きと感動で、しばらくぼう然としてしまいました。
ベニシアさんは、NHKしか出られていないからか、あまりメジャーでないので、気づく人がまばらだったように思いました。

病院が早く終わった時は、帰りに大原を通り抜けて、琵琶湖までドライブしてもらうこともあります。
京都の大原や滋賀の琵琶湖は、自然が豊かで心がリフレッシュされます。
私はこのコースが大好きです。
今の季節はどこも暑いですが、秋にはまたドライブを楽しみたいと思っています♪